人気ブログランキング |

たまには描きます

カテゴリ:アート( 136 )

京都商工会議所の床モザイク

b0215821_22374431.jpg
大理石モザイク壁画作家の 故
矢橋六郎氏の制作した旧京都商工会議所の十二支のモザイク床
明日斫るというので、マルモザイコさんの保存作業の手伝いに行った
マルモザイコさんは、京都でモザイクの認知度をあげ人に親しんでもらうために努力されている

崩れた時のためにピースの位置をトレースした





by no_1toramaru | 2019-03-14 22:43 | アート

ヴィクトリア女王 最期の秘密を観た

通りがかりに ジュディ・デンチの映画をしていたので観た
ヴィクトリア女王 最期の秘密

始まったとたん わざわざ観るほど好きな内容でないと分かった
あのような男の話は好きでない

でもデンチは素晴らしかった
高齢であってもかわいいと思わせる力 にじみ出るような魅力がある
「誰も女王を守ることはできない」というセリフ
高齢で弱っていても権威からでる威厳が身に備わっているように見えた

誰でも歳をとると生きる力を失っていく
恋心とまでいかなくても好みの人がいれば楽しい
彼女も夫が生きていればそこまで孤独ではなかったろうに
権威があるゆえに庶民のような、「私はたくさんの人に憎まれている」と愚痴れる友達はいない
自分が権威を体現しないと誰も(貴族も国民も)支持しなくなるから
だから差しさわりの少ないただのインド人のお気に入り従者がいるのが楽しかった、元気も出たのだ

誰でも愚かなことはする 女王も人間だし
老いては麒麟も駄馬に劣る とかいうが
そんな観点で行けば大した愚行じゃない、と思った

妥協して爵位授与止めたのでぼけてはいない
権威を支えてくれる者たちとは持ちつ持たれつ
最期まで立派な女王だ

ラストの死顔のシーンも何とも言えないきれいさで良かった

追記
ご時勢か、差別主義者じゃないと強調されているようだった


 



by no_1toramaru | 2019-02-17 11:27 | アート

音楽の人

友人の声楽家が指導するグループの発表会パンフレット等を頼まれた。
いつもはイラスト原画を渡すだけだったが、今回は制作を頼まれたので
皆さんの確認を受けながらで緊張した。
自分の作品は自分の価値観だけなのでその点は気楽だ
写真はプログラム表紙表面
b0215821_1120372.jpg


ExcelやWordをPDFで送付できるようになった
今度から自分の時もこれでできる!

音楽の人は毎日の練習、ずっと先生方の指導を受け研鑽を積む
(クラシックの声楽に限るのかも 門外漢です)
発表はその一瞬
音楽の人は本人が表に出る
きれいな服だ

写真は別の知りあいのクリスマスコンサート

b0215821_11423822.png

by no_1toramaru | 2019-02-07 11:49 | アート

大阪 フォルム第八回展

b0215821_20354173.jpg
b0215821_20362312.jpg
出品します。 明日からです。前回よりもさらに盛会です。

by no_1toramaru | 2018-10-29 20:39 | アート

モザイクの白い椅子

古いMARUNIのベントウッドチェアの籐編みをほどき
白くペイントして座面をモザイクにした

テーマは「自由な青い鳥」

b0215821_17485441.jpg


座ると冷たい






by no_1toramaru | 2017-08-05 18:08 | アート

「松林図屏風」の世界で遊ぶ

b0215821_22495970.jpg
東京国立博物館本館で

「松林図屏風」の世界を体感!「松林であそぶ」をしていた
  9月3日まで

「松林図屏風」の複製と映像のインスタレーションにより、映像空間とともにケースなしで複製屏風絵の世界を体感できるということだ
映像は、松林図の周囲に描かれていたかもしれない風景や鳥の姿が流れていた
それが私の描くイメージと違っていたし、最近はこういうのをわりと見るのでわたしは感動はなかった
でもせっかくなので畳に座ってみてきた

キャノンなどがプロジェクトを組んで行っているらしい
博物館というのは、「所蔵している」イメージだが こういう現代に生きる人のために使われることはすばらしいと思う



by no_1toramaru | 2017-07-16 23:00 | アート

加古川のギャラリー ガレリアプント

柳哲也個展
蝶は蛾になりたいとは思っていないだろうが
蛾もまた蝶になりたいとは思っていないだろう

この文章で是非見たく出かけた
16日なら在廊でお話を聞けたのだが

」と「」は同じ「鱗翅目の昆虫」で、生物分類学上でも区別されていないそうだ
ほぼ人間の好悪の感覚で分け隔てしているのだろう

http://www.galeria-punto.com/
16日(日)16時まで

DM

by no_1toramaru | 2017-07-15 21:11 | アート

サロンオペラ「カルメン」に行く

先日、関西二期会のサロンオペラ「カルメン」に知り合いが出るというので行った
若い人達を応援しなくては、と行ったらほぼ満席だった
簡単な装置と衣類でフランス語で2時間近く歌い、演奏は指揮者とピアノだけだが
充分楽しんだ

フェニックスホールは初めてだった
三木山森林公園のホールや八ヶ岳音楽堂のように窓が大きく開き外のビルが見えていた。
夜景を背景にするのかと期待したが、いつのまにか閉まっていた 


昔本で読んだときには、カルメンが悪い女というイメージだったが、今回ホセがつまらん男だと思った
身を亡ぼす。。カルメンに心を奪われ失っては生きていけないというが、
故郷に帰ったときにもう一度生きなおすチャンスはあった
そうしないで女を殺すとはストーカー殺人と同じだろう
誰かがいないと生きていけないなら「自分」はどこに「ある」?

たとえ最愛の人を亡くしたとしても やはり「自分」は生きていかねば 泣きながらでも
。。。と思った



by no_1toramaru | 2017-07-14 23:00 | アート

京都で日本新工芸近畿会展

京都市美術館別館 第39回 日本新工芸近畿会展 [公益社団法人 日本新工芸家連盟]と
京都大丸での選抜展を見てきた
工芸は技術が問われるのでそれぞれの完成度が高かった

染色には絵画的な作品が多かった
キャベツの断面は以前団体展でもテーマにされていた方がいて、キャベツの断面もミューズになるようだ

鳥居のある夜空を見上げた作品は、大丸で手ぬぐいバリエーションがあって よほど買おうかと欲しかったが
家で自分の作品も掛けていないのでやめた

第39回 日本新工芸近畿会展 京都市美術館別館 ~16日(日) 
選抜展          大丸京都店6F   ~18日(火)






by no_1toramaru | 2017-07-14 22:12 | アート

ドア飾り 「青い鳥」

b0215821_20081444.jpg
ガーデンハウスのドアにタイルモザイクの飾りをつけた
テーマは自由な青い鳥

ガーデンハウスは小さなプレハブ小屋なので、鳥小屋みたいなものだと思ったので
青い鳥小屋とした
気が変わったら取り外せるように薄いスチロールボードを挟み貼りつけている

青い鳥はまだ来ないが 黒いカラスは毎日来る


by no_1toramaru | 2017-06-17 20:17 | アート



たまには描きます たまには書きます 仕事はモザイク造形の作家です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
京都商工会議所の床モザイク
at 2019-03-14 22:43
ヴィクトリア女王 最期の秘密..
at 2019-02-17 11:27
音楽の人
at 2019-02-07 11:49
大阪 フォルム第八回展
at 2018-10-29 20:39
モザイクの白い椅子
at 2017-08-05 18:08
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧