たまには描きます

高岡の銅像

先日高岡市に行った
銅像や鋳物の町といわれる
街中に銅像が多い

高岡大仏を見た後、「御旅屋メルヘン広場」で「The wolf and seven kids」(作 畠山耕司)を見つけた
パンフレットに 子供のためのストリートファニチャー的環境造形とあった
メルヘンをテーマにした広場の装置としての野外彫刻-パブリックアート‐ ということか
地元出身の有名な鋳金の作家さんらしい

とても素敵! しなやかなオオカミの足取り、恐怖に強張って踏ん張っている子羊 
階段が効いている
こんないいものが街中に置きっパ 盗られたり壊されないか
もったいないやらありがたいやら

b0215821_21345564.jpg
b0215821_21413494.jpg
          パンフレットの写真のように下から見ると とても怖い!


[PR]
by no_1toramaru | 2017-05-15 22:37 | アート
<< 「HOMME LESS」 「ホ... アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千... >>



たまには描きます たまには書きます 仕事はモザイク造形の作家です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧