たまには描きます

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国

2月に神戸でみたが 記録していなかった

アール・ブリュットの中でも有名な人らしいが、興味が無かったので
こういうアウトサイダーアートはあまり見ていなかった
見てみないことには話にならないと行った

最初の3作を見てこれは美しい!と思った
ところが、精神科の担当医師のコメントが掲示されていて
まったく意味が無いとあった
そんなはずは無い、こんなに端正ではっきりとした美意識で表現されているのに
これは医師に見る目が無いと思った

・・・全てを見た後、私はとても疲れていた

彼自身は、病気ではあるが画家として認められ幸せを感じていたようで
結構なことだ



[PR]
by no_1toramaru | 2017-05-13 21:50 | アート
<< 高岡の銅像 「これぞ 暁斎!」 >>



たまには描きます たまには書きます 仕事はモザイク造形の作家です
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧