たまには描きます

タグ:コンサート ( 4 ) タグの人気記事

サロンオペラ「カルメン」に行く

先日、関西二期会のサロンオペラ「カルメン」に知り合いが出るというので行った
若い人達を応援しなくては、と行ったらほぼ満席だった
簡単な装置と衣類でフランス語で2時間近く歌い、演奏は指揮者とピアノだけだが
充分楽しんだ

フェニックスホールは初めてだった
三木山森林公園のホールや八ヶ岳音楽堂のように窓が大きく開き外のビルが見えていた。
夜景を背景にするのかと期待したが、いつのまにか閉まっていた 


昔本で読んだときには、カルメンが悪い女というイメージだったが、今回ホセがつまらん男だと思った
身を亡ぼす。。カルメンに心を奪われ失っては生きていけないというが、
故郷に帰ったときにもう一度生きなおすチャンスはあった
そうしないで女を殺すとはストーカー殺人と同じだろう
誰かがいないと生きていけないなら「自分」はどこに「ある」?

たとえ最愛の人を亡くしたとしても やはり「自分」は生きていかねば 泣きながらでも
。。。と思った



[PR]
by no_1toramaru | 2017-07-14 23:00 | アート | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンリサイタルに行った

千住真理子ヴァイオリンリサイタルに行った
「私の愛するイタリア」というテーマで選曲されていた
千住さんが初めてイタリアに行き音楽、人、食べ物に魅了された話や、
ストラディバリウスの「デュランティ」がやってきた時「これは天使か悪魔になる」と言われ,
自分の人生が変わった、人生の全てをかけているなど話された。
オペラの歌曲を弾くのは、人間が楽器である声楽に強く惹かれているらしい

友人の声楽家の山口さんは恐れていた
「いつか(プロとしての)声が出なくなって歌えなくなる日がくる」と
ヴァイオリンは声ほど自由ではないと思うが、年で音が出なくなることはない
300年たっていても

情熱が無ければイタリアの曲は演奏できないといわれたが、本番の演奏は一瞬で消える完成作品、
赤から濃ピンクのタイトなドレスで激しく演奏されていた。
あれで太れるはずないと思った。


ホテルの音楽堂なので、地方ホールとか公会堂ならもう少し財布にやさしかったと思うが 
その後のディナービュッフェで、料理長と一緒に顔を見せに来られた。
メニューは彼女の希望で北イタリア中心。料理長の説明があった。パスタ生地で包まれた肉団子のようなもの、牛乳とビールのおかゆとか。

濃ピンクのポロシャツだった。好きな色なんだろう
[PR]
by no_1toramaru | 2016-11-26 22:35 | アート | Trackback | Comments(0)

チャリティーコンサートに行った

以前お世話になった教育会館で ランチタイムにチャリティーコンサートがあった
三人の女性演奏家で、音楽の人は華麗だといつも思う

ピアノ、バイオリン、チェロ(以前も聴いた崎元蘭奈さん)のアレンスキーのピアノトリオNO.1が
初めて聞いたがとてもいい曲で、大した耳ではないけれど 演奏も良かったと思う
音楽に引き込まれたから

喫茶エリアでなくても、ロビーで自由に聞け、会館に来た仕事の人も昼休みの時間帯なので
予想以上の人出だった
シンと静まり聞きほれる人たちを見ると 音楽の素晴らしい力を感じた

このような感動を人に感じてもらえるだろうか? 
私の作品は・・
ごくごく一部の方々だろうと思う
だからこそ あなたの作品が好きと言われたらとてもうれしい



b0215821_20161411.jpg


写真はチラシ 
[PR]
by no_1toramaru | 2016-10-21 20:38 | アート | Trackback | Comments(0)

演奏会に行く

知りあいの演奏を聴きに行った
音楽には疎いが 
30人くらいの演奏が始まったとき 音がフワッと華やかに湧き上がったと感じた
長い協奏曲をマスターしている音楽の人 毎日すごい練習量なんだろう

いつも音楽の人をみると 私は怠けものだと思う


3曲目の「プラハ」は指揮者台が下げられたので 不思議に思っていたら
コンマスをしていたベンジャミン・ツィアフォーゲル氏が演奏しながらの指揮だった
こういうのを見るのが初めてだったのでうれしくなった

プログラムによるとバイオリンは 貸与のクレモナ1727年と書いてある
それって ストラディバリウスでは?
ソロの音を聞いてみたいが交響曲なので 私には分からない

ところが盛大な拍手で アンコールがあった
何を弾くのか分からなかったが
なんと私にも出だしで分かった
ツィゴイネルワイゼン!
曲はもちろんすばらしいが 演奏もとてもよかったと思う
表現力 これが感動を呼んだと思う

ツィアフォーゲル氏は 明日甲府で演奏されるようだ
音楽の人はこういう演奏の旅をするようだ

美術でもごく一部そういうのもあるが
[PR]
by no_1toramaru | 2015-10-17 10:18 | アート | Trackback | Comments(0)



たまには描きます たまには書きます 仕事はモザイク造形の作家です
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こちらこそお話し聞かせて..
by no_1toramaru at 22:13
焼き物屋です。 そごう..
by tougei1 at 21:53
こんにちは お元気でなに..
by no_1toramaru at 15:36
お久しぶりです。増々ご活..
by 柴田真奈実 at 14:14
こんばんは 先日はありが..
by no_1toramaru at 22:34
こんにちは。14日にお会..
by 美愛(ミエ) at 17:44
ありがとうございます ..
by no_1toramaru at 08:55
すごく上手に出来ています..
by 彌生 at 06:31
こんばんは コメントあ..
by no_1toramaru at 23:06
こんばんは。 やはりメ..
by 焼き物屋 at 22:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧