たまには描きます

ドア飾り 「青い鳥」

b0215821_20081444.jpg
ガーデンハウスのドアにタイルモザイクの飾りをつけた
テーマは自由な青い鳥

ガーデンハウスは小さなプレハブ小屋なので、鳥小屋みたいなものだと思ったので
青い鳥小屋とした
気が変わったら取り外せるように薄いスチロールボードを挟み貼りつけている

青い鳥はまだ来ないが 黒いカラスは毎日来る


[PR]
# by no_1toramaru | 2017-06-17 20:17 | アート | Trackback | Comments(0)

から騒ぎ

時々本にはまる
シェイクスピアの「空騒ぎ」が面白くてたまらない
我慢ならんと言いながらお互い気はあるのが見てとれて

何回も読み返していたら そのうち映画化されているなら見たいと思った
調べるとケネス・ブラナーが1993年に監督主演していた

you tubeで流れていたのを観た
  ” Much Ado About Nothing 1993”
英語の字幕もないが、何回も読み返したので場面で内容は分かる
映画も面白かった
本をせっかちに間を取らずに読むので、映画を見ると十分に間を取っているから情感や含むところがとてもよく感じられる

それでも本は面白い
何回読んでも笑わせてくれる

「分別と情熱とが弱い人間の中で相争うとなれば、十中八、九情熱の勝ちとなる」の「分別と情熱」の原文は?

オースチンの『分別と多感』(Sense and Sensibility )とつながりを感じたので調べると
wisdom and passion だった

 ”No fear Shakespeare Much Ado About Nothing”  ではオリジナルテキストと現代語で読める

      ずっと浸りきっていてはいけない・・



[PR]
# by no_1toramaru | 2017-06-14 21:47 | | Trackback | Comments(0)

友人の個展

b0215821_18315555.jpg

毎年彼女は個展を続けている
制作はご飯を食べるのと同じそうだ
    とりかかり、私は苦しいが・・
焼き物に黒い釉薬?をかけてスクラッチしているのが面白かった
神戸 ギャラリー北野坂で松野真理さんの個展
6月4日(日)まで


[PR]
# by no_1toramaru | 2017-06-02 18:37 | アート | Trackback | Comments(0)

カルダーのサーカス

昨日はギャラリーかおるに行った
「おもちゃ展」で創作おもちゃの企画展だった
いろいろとみなさんよく思いつけるものだ

「カルダーのサーカス」のDVDを見た
アマゾンのフランスサイトで購入されたものを、専門のところで変換してもらって日本のDVDで
見れるようにしたということだ

針金の人が、磁石など使って?タイミングよく馬に飛び乗っていたり、空中ブランコの飛びつきをしていた
モビールの人としてか知らなかったが針金の動くものでも有名らしい
フランス語だったので マダーム ェ ムッシューしか分からなかったが 見ればわかる

断片的にyoutubeでも見れる 「Alexander Calder  circus」



[PR]
# by no_1toramaru | 2017-05-29 22:44 | アート | Trackback | Comments(0)

「HOMME LESS」 「ホームレス ニューヨークと寝た男」観た

「自由を追求したら、家は必要なくなっていた。」とあったので
スタイリッシュなホームレスとはどんなものかすごく興味あって出かけた

上映が始まるなり そんなおしゃれなものでは無く サバイバルな生活だった
「自由を追求したら、家は諦めざるをえなかった」ということだ
家賃を払える収入さえあれば 家は彼には必要なものだ

今の生活は キャリアを作るのに失敗したため、また仕事を選んでいること(仕事及びNYに住むという自由を優先)、独立心(善良さと自尊感情)によると思った
ファッションフォトの仕事をもっと早く専門に始めれば良かったと後悔していた
ハンサムで演劇の勉強もして俳優組合に入っているので、端役やエキストラの仕事で食いつないでいる
会社勤めや収入のいいケータリングの仕事はストレスフルだったようで、そういう仕事はする気はないようだ
定収入のため皆いろいろがまんしていると思うが

アートの才能は無いと言っていた
彼は正直で、孤独など赤裸々に本心をカメラの前にさらけ出している
この後の生活に差しさわりが無いか心配になった

映画公開後 友人の支援でホームレス生活に区切りをつけたようだ
しかし、彼のリッチそうな風貌にホームレスだったというイメージが付くと端役も来なくならないか

彼のタフな明るさや善良さは、ドキュメンタリーの賞の一因かも
友人の1本30秒のCM映像監督が初めてのこのドキュメンタリー映画で賞をもらった
友人にとってはキャリアアップになった





 

[PR]
# by no_1toramaru | 2017-05-28 11:22 | アート | Trackback | Comments(0)



たまには描きます たまには書きます 仕事はモザイク造形の作家です
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こちらこそお話し聞かせて..
by no_1toramaru at 22:13
焼き物屋です。 そごう..
by tougei1 at 21:53
こんにちは お元気でなに..
by no_1toramaru at 15:36
お久しぶりです。増々ご活..
by 柴田真奈実 at 14:14
こんばんは 先日はありが..
by no_1toramaru at 22:34
こんにちは。14日にお会..
by 美愛(ミエ) at 17:44
ありがとうございます ..
by no_1toramaru at 08:55
すごく上手に出来ています..
by 彌生 at 06:31
こんばんは コメントあ..
by no_1toramaru at 23:06
こんばんは。 やはりメ..
by 焼き物屋 at 22:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧