たまには描きます

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

西脇市サムホール大賞展

b0215821_8235372.jpg

写真はDM

西脇市サムホール大賞展 
西脇市岡之山美術館
10月14日(日)~11月11日(日) 10時~17時 最終日3時まで
入場無料

実はここに行ったことがないので 最終日に引き取りかたがた行って見てこようと思います
[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-28 08:31 | アート

京都に行った

美術館に行った
京都は 6月の歌舞伎以来だ

さわやかで 東山の稜線を見るとほっと懐かしく 京都だ! と思う

知人の出品されている「GOOD ART展」と「新象展」と欲張って「収蔵コレクション展」
コンテンポラリーをもっと見なくては と心している
表現がさまざまだ 皆さんいろいろ考え 試してられました

でも 収蔵コレクションの古い日本画もよかった
以前は六曲屏風や掛け軸を見ても 古臭くつまらなく感じていたが 
今日はやけに美しく 特に私があまり名を知らない幕末~明治の作品が面白かった
[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-26 18:33 | アート

個展終了

楽しい6日間がすぎました
人数的には神戸より少なくても たくさんの感想やアドバイスや問題提起をいただき
内容濃い毎日でした
ありがとうございました

大ヤモリは人気ありましたが 購入者はいませんでした
また窓辺に釣るすしかないですか

搬出のあと高校時代の友人たちと食事に行きました
ロシア料理の店で そのあと和スイート
梅田の夜はにぎやかでした


明日から後始末 


b0215821_2318090.jpg

[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-23 23:21 | アート

自分の枠

今回 見に来てくださった作家の方々とお話しさせてもらい
何人からか 自分の枠 という言葉がでてきました
意味は微妙に人によって違っていましたが

誰でも自分の尺度で判断して生きていく
その尺度が自分をしばることにもなる

自分の枠を気にするか しないか
自分の枠を破りたいか 破る必要ないか

はなから 何も焦ることはない ずっと制作し続ければ自ずとピタッと決まるところに来る
という説もあった

本当に本当にお話しできてよかったです
ありがとうございます
[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-21 22:58 | アート

接着剤

個展では知らない方とお話しできて 
緊張とともに新鮮な喜びを感じたり 緊張だけだったり

知り合いの作家さんも来てくださると 個展以外では話す時がないので
貴重な情報交換ができます

今日ははるばる陶芸の石井宏志氏が来られて、 接着剤の話がでました

「黄色くなったりしません?」と石井氏
「なりました!」
「1年ぐらいしてから」
「そうなんです、チェックで何種類か貼っておいて 1か月して大丈夫だったから 一番クリアーだっていうのを使ったんですよ。でも、この前みたら黄色に!」
「一年したら黄色くなるなんて書いてなかったですよね」

意気投合して文句をいいました
まさか 同じ経験をした人が身近にいたとは!
[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-21 00:44 | アート

個展初日

昨日は搬入
このギャラリーの展示は ワイヤーでなく壁にくぎやそれ用に加工した木片をねじとめて作品をひっかけます
ワイヤーのラインがなくてかっこいい感じ
特に組作品で 周囲にカラスを飛ばしているので 壁全体が空間っぽく 見栄えしてうれしい


今日は初日
お隣の大部屋は、活発に活動されているかたのようで とてもにぎやか
ついでにこちらを覗いてくださる
そして その中のお二人が モザイクのヤモリ購入

そのヤモリ 去年のコンペで大ヤモリに組作品として作った小さいもの 
オーナーさんが「値段つけられたら?」
わたし 「そんなもの 買う人いないんじゃ。。。」
と言っていたもの

そのうちの一匹は フジタやブラマンクをお持ちの方
お目が高い!
[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-18 23:07 | アート

今日からサイレントアクアのオークション入札

サイレントアクア2012

東日本大震災の災害支援を目的とするものです。
期間は、2012年9月15日(土)-9月30日(日) 
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)にて開催


http://www.kcua.ac.jp/silent/

入札は 会場のほか WEB  FAX でもできます

WEBの入札をクリックしたら 作品が見れます
3000円からです
[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-15 21:07 | アート

親子展のギャラリー

芸術一家ですね と言われると気恥ずかしい
一般的な意味での 「芸術」と言われただけでしょうが

古希のお祝いなので舅や義姉の知り合いが多いです 
 

ギャラリーは2階を使っているので、天窓があって素敵です
また床の立ち上がりにも窓があり絵のようです

オーナーさんが設計士に2時間もかけ ご自分の夢や希望を語られたそうです
できてきた模型には これっぽっちも希望は取り入れられていなかったそうです
オーナーさんは お任せするしかないと決断されました
建築家には私たち素人にはわからないことが見えるのだろうと

天窓から青空
b0215821_22244625.jpg

外に植えられた木が見えて すてき
b0215821_22245725.jpg

外観
b0215821_22271415.jpg

[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-11 22:31 | アート

個展のあいさつ文

個展のときに あいさつ文を貼っておこうと 考えた
それと 作家としての説明責任をはたそう

ある作家さんと話したとき 

作品に関して説明責任があるという話になって

言葉で作品を説明できそうに無い、と言ったら

作品の周辺なりでも説明責任はあると言われた

そこで、なんとしても答えねば! と考えた 


哀しいのは 自分が愚かで非力ということ

何かのためになる事はいくらでもあるが
自分が「できる」かとなると難しい

制作中 シモーヌ・ヴュイユ(フランス 1909~1943 哲学者)の死について考えていた

普通の人からすると 才能と命を無駄にするような死に方

彼女の哲学思考から説明がついているかもしれないか あいにく私は知らない

不幸に苦しむ人がいて 助け得ない自分の非力が悲しく苦しく 自分は消えたいと思ったのか
(これは私の想像で たぶん彼女の思考はそうではない)


普通の人からすると その才能と命を活かすところが他のどこかにあったと思うが
彼女はそれを望まなかった

苦しむ多くの人を救うことはできなかったが、人間一人にできることはわずかだから それは仕方が無いことだ
無謀で相応しくなく見え 願いはかなわなかったが 
彼女は生きたいように生き 死にたいように死んだ と 私は思う

 
愚かで非力
だが 自らを活かせられるところで生きれば 少しだけ非力でないかもしれない
少しでも活かせられれば、 そう思って制作している 

[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-08 21:47 | アート

親子展搬入

b0215821_19251293.jpg


昨夕 三宮に親子展の搬入してきました

ビルマの竪琴や舞踏の被り物?などや義父のスケッチブックも展示しました

写真は義父のコーナー

明日から義姉と交代で詰めます

来週、 私 個展です。。  準備はここまで
[PR]
by no_1toramaru | 2012-09-07 19:26 | アート



たまには描きます たまには書きます 仕事はモザイク造形の作家です
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧